スパイシースパイシー

スパイシーな刺激をあなたにお届け

【総集編】インド留学ブログ紹介!これがぶっとびインドのリアルだ!!

f:id:mukimukiman666:20180731073702p:plain

約4年前、当時18歳のときのインド留学体験をまとめた

罰ゲーム留学

というブログを立ち上げました。

4年前のわいは途中でめんどくさくなってしまい、

完結までいっていません。

 

〜どんな内容だったかというと〜

インドに留学した自分がハチャメチャに、

死にかけて、死にかけて、死にかけて

 

もうこんな生活いや!

おれの望んでいた留学じゃない!

こんなの罰ゲームや!!

 

 

留学はまるで華やかなもの。

しかし現実はちがかった。

 

当時のわいは、

まるで青春映画のように

インドの青空に向かって

泣き叫んだときにのキーワード。

それが「罰ゲーム留学」

 

 

過去の自分の記事をまとめているだけなので

本当に大目にみてほしい/////

 

幼かったんですよ

暇なときにさっと流し読みしてくれるだけでいいです笑

それでは、罰ゲーム留学スタート!!

第1話

高校卒業してインド行ったらスラムに捨てられた。

えーおっほん。

高校3年生の冬。

みんなペンをカリカリカリカリ

当たり前だ、

うちの高校は進学校。

みんな大学受験に向けて奮闘中

うちの高校はFラン大学の予備校と呼ばれていた。

みんなその大学に合格するために勉強しているのだ。

 

??「そんなつまんない人生だれが望むねんバーーーカ!!」

 

なんか騒いでるやつがいる。

 

もちろんそう。

「WATASHIだ!!」

当時18歳。

ちょっと人と違うことがしたい。

みんなと同じように同じ大学に通うなんてNO WAY

人と違う=かっこいい=モテる

この定義があったのだ。馬鹿め。当時のおれ

いまの23歳になったアダルトになった俺が一言物したい

安直な考えが身を滅すぞ

みんながセンター試験の前にピリピリしている。

そんな時に偶然見つけたのがインド政府の奨学金。

インドの大学に進学するために国が奨学金を出してくれる。

そして毎月少しのポケットマニーももらえる。

お金よりは、そのユニークさに目が留まり。

「それ採用!」
気がついたら挑戦していた。

(このアプライがまた大変だったのですが)

担任の先生にお前進路どうするの?と聞かれた。

 

えーーとひとまず、インドですかね(ノリ)

そう答えると、つぎの二者面談から呼ばれなくなった。

もちろんクラスメイトからは大爆笑を取れた。

そしてあだ名がしばらくの間

インドと呼ばれるようになった。

 

月日は流れ3ヶ月後。。。
みんながセンター試験を終えた後くらいに

インド大使館まで行って試験を受けてきた。

 

テストは余裕。 

数人のインド人の前で面接があるだけだ。

 

質問は2〜3問だけ。

しかも定員割れしていたから

奨学金をもらえることは確定だった。

大学が決まれば、数ヶ月以内に返信がくるらしい。

高校を卒業して

何も連絡がないのは精神的にかなり厳しかった。

 

またまた数ヶ月後

来た!!ついに来た。合格通知だ!!

2つの大学から入学許可をもらえインドに行き決定

インドの中でもプネという街に行くことに決めた。

選んだ理由としては

アジアのオックスフォードと呼ばれている

また近所のインドカレー屋さんが

「ぷねは、ちあんぜんぜんいいよ」言っていたからだ

当時の僕はこれを鵜呑みにしていた。

これからどんな目に合うかなんて知るよりもなかった。。。

(インドに到着編)

 

いざ数々の乗り換えを経て

プネに着いた。
空港に着いた時の瞬間は今でも覚えている。

 

KANSAN

閑散や

あれ、、、これやばくね。



自分が想像していた10倍、

田舎ローカル具合だ

 

さすがに戸惑いを隠せなかった。


ローカルガイドを待っていると

なんか無愛想な方が声をかけてきた。

 

ここに乗れ!!


ボロボロのトラックの荷台に乗せられた。

まさに絶景。。。。。

周りをみると日本いたら考えられないような光景がそこには広がっていた。

ゴミ、ハエ、ゴミ、ハエ、ゴミ、ハエ

 

本気のインドがタックルしてきた

この時点で詰みそうだった。

 
車は大学の寮に向かっているらしい。

だけどなんか雰囲気がおかしい・・・・

どんどん景色が汚くなってる


どうなってるんだと疑問を覚えつつ

車は停車

その瞬間、なぜか視界が消えた。

いや言い方がちがう。

 

いや視界が埋もれた。

 

その瞬間にストリートチルドレンや物乞いに囲まれてしまったのだ。

 

ここで降りろ。

 

なんか変な場所でおろされた。

 
気持ちの落ち度は半端なかった。

なんでかって?そんなのわかるやろ。

 

「ここスラムや。。」

 

本能的に感じ取ってしまったのだ。


いや、まさかね。ないないないない

そんな留学初日でスラム落ちするはずないて。。。。

 

追加攻撃がきた

 

連れて行かれた場所は、牢屋みたいな場所だった。


ん。。。

何、この部屋・・・・なんかおかしい

二段ベッドにシーツの代わりに新聞紙が敷いてある

そしてカビだらけの枕 
 

シンプル口から出た言葉が出た

牢屋に連れてかれた!!!!!!

19歳はじめての牢屋暮らし。

ここで当時の状況を簡単に説明しよう

    • 其の一 誰も知り合いがいない
    • 其の二 自分がどこにいるのかもわからない
    • 其の三 Wi-Fiがないにん

つんだ。


泣いていなかっただけ偉いぞ昔の俺

こんなわけで、

僕のインドでの大冒険留学はスタートするのだった。

 

f:id:mukimukiman666:20180713155326p:plain ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4年前、高校を卒業してインドに留学した記録をまとめた。

f:id:mukimukiman666:20180707224515p:plain

日記的な要素の取り入れたブログを運営していた。
久しぶりに見てみたら、なんだかんだオモシロイ。

 

けど当時の自分は、飽き性。

途中で飽きてやめてしまったので、

4年越しにちゃんと完結させるまで、ブログを運営していきたい。

 

 ちゃんと全部書ききれよー

 

そもそもなぜ高校卒業してインド留学しようと思ったのか?

 

アメリカ留学やイギリス留学なら、何となくよくわかる。

 

留学の王道だ。

海外留学をドラゴンボールで例えれば、

アメリカ留学は、孫悟空

イギリス留学は、ベジータ

 

じゃあインド留学は?? 

 

インド留学なんだろ???

 

 

 

ウーロン

 

 パンツ欲しがる変態さんや!

 

そんなインド留学を決めたのには理由がある。

インドはいろんな可能性が広がっているから。

 

インドはこれから急成長する国。

その急成長を感じながら、勉学に身を置く。

それ自体が価値のあるものだと思っていた。

 

あと1つだけ、大きな理由があるとすれば

 

THE意識高い系だったからだ 

 

人と違うことをするのがかっこいい

人と違うことをすることがモテる

 

そんな浅はかな気持ちでインドに行ってしまった。

 

若さゆえの過ちだね 

 

インドに行った1年間は

死にかけて、死にかけて、死にかけて

その1年間の大半を死にかけながら過ごしてきた。

皆さんはインドに対してどのようなイメージがある?

臭い、汚い、危険

三本柱なイメージじゃないか?

 

日本とは全くの真逆 

文明が、、、、ない。。。。

完璧に思考が停止してしまった。

前回の投稿 

 

www.mukimukiman66.com

 

当時19歳まさかのスラム

 

寮から一歩外に出たら、

大量のストリートチルドレンに揉みくちゃにされる。

 

だからと言って、

連れて行かれた学生寮も決してセーフティプレイスではなかった。

 

今にもバキバキに壊れそうな二段ベッドにカビの生えた枕。

ベッドシーツはまさかの新聞紙。

 

まさに監獄 

 

あまりの汚さに

何日で日本に帰れるんだろう

ちょっと涙目だった。。。

インドの洗礼なんて。。。


まず大前提として知ってもらいたいのは

インドの国から奨学金を受け取っている留学生だったということ

 国から奨学金をもらえるなんて優秀!


それなのに!!!!!!

それなのに!!!!!!


これから降り掛かるのは

度重なるハプニング
望まないアドベンチャー
無駄なスリル


この一年がどれだけ俺をたくましくしたか。

 

次回から本格的にサバイバルしていきます。

 

次回予告をするなら、、

 

 

うーーん、人生初・首絞められる

 

 

!!!!!!!

 

f:id:mukimukiman666:20180717151141p:plain

 ここまでのあらすじ

 インド留学するものの、なぜかスラム落ち

監獄みたいなインド寮に入れられてしまう。

華やかしい留学とは何か?

 

 うーんやっぱりLAでパーティーとか?

 海外ドラマを見ていたらアメリカ生活とか憧れますよね。

芝生の上で寝転がりながら

キャンパスライフをエンジョイしたり

週末の金曜日にはパーティーをして

遊んだ分はちゃんと不眠不休でべんきょうべんきょう

 

これが華やかな留学ライフだと思っていた。  

インドではどうでしょう?

 現実は甘くないよ

 

自分が理想としていた留学のイメージとは全然違う!!!!!

全然違う!!!!!泣

 意識高い系の末路よ

なんかよくわからない儀式の音で目を冷めて、

気合いで真水のシャワーを浴び、

蚊に刺されて紫色になった足をみて泣きそうになるワイ 

 

ちなみにワイがなんでこんな状況にいるか説明しよう

 

わいは今スラムにいる。なんかよくわからないけど

それってよくわからないけど面白いよね

それでどうなったの?、

わいのいる地域はめちゃくちゃ治安悪い。インド人も嫌がるレベルで治安が悪い。

 

そもそも外国人留学生を受け入れたいの? 

 

もちろん答えはNOである。

 

NOならどうなる?

インド人『あれ、新しく日本人くるっていうじゃん』

インド人『よしきまり!その日本人スラムにある寮にいれよう!』

なんか可哀想だよね 

 

そんな感じでインドにあるスラムに入られてしまった。(後日談)

 

それでもなんとか大学には入学しないと。

リキシャ(タクシー)に500ルピーぼったくられて

インターナショナルオフィスにいき、入学許可書をもらう。

それが インドに来てからの初めてのミッション

 

オフィスに行ってもまさかの誰もいない。。

8日後にまたオフィスに来なさいと言われるまさかの事態。

 

ここで状況を整理しよう

WiFiもない、知り合いもいない、どこにいるかもわからない

1週間も時間が空くなんて・・・・

 

自然に涙が出てくる。

 

つらい本当につらい

 

とにかく時間の流れが遅い

 

ドンドコドン

外で変な儀式をずっとやってるし

いつもドンドコドンしてるし 

そうなるとどうなるか?

よし!!

 

 

 

とにかく寝て明日にリセットしよう

スラム落ちして1週間後ついに限界へ

スラムに放置され1週間たった

現実が嫌すぎ。

Wi-Fiが無いから、誰とも連絡が取れない。

やることのないがツライ

やることがないとどうなるか。

 

恒例の夜の7時半に寝る

 

はっやw

 

ドンドン!!!!その日は急にやって来た。

 

ドンドンドンドン

なんだなんだ??

メガネをかけないままま扉を開けると

??『ワッツアップメン!!!

 

めちゃんこガラの悪い大男たちが入ってきた。

 

ノリで絡まれるならまだしも

 

???え???

 

急に首絞められた

 

え???えええ???なんで???

 

急に危機的状況に陥るワイ

 

多分だけど

自分のリアクションを面白がるためにやったんだろう。

 

いやにしても、リアルよ、キチーヨ

 

こころは、ぼろぼろ。

 

この時点ですごく詰んでいるわい。

 

ここでみなさんはこころがポキっと折れたことはあるか?

 

自分にはある。

 

自分にはインドに行く前から付き合ってる彼女がいる。

 

日本を去る時に

遠距離になるからと記念にペアリングを渡した。

 

一般的なカップルや! 

 

ある日、スラムの町並みを歩いていると

 

あれ、リングがなくなってる!!!!!!!!!!

 

心のポッキーがポキっと折れた音

 

そして大爆発

 

 

当時の自分は

 

もう何もかもが嫌になった。

 

放心状態でスラムを歩いた。

 

自分が今どこで何をしてるのか?

 

それこそ生きているのかよくわからなる。

 

心が壊れてしまった。

 

19歳になって嗚咽をあげながら

涙なくなんてことないよ。

普通はね。

 

しくしくってレベルよりも

スボボボボボンって泣いた。

 

泣いても現実はわからないのに

それでも涙しかでない

19歳で単身インドはキツすぎた。

 

f:id:mukimukiman666:20180722112536p:plain

 

心がポッキリと折れた。

精神状況はどん底。。

 かわいそうに・・・

なんとかして日本人をみつけないと死んでしまう。

そして一つの結論にたどり着いた。 

どっかで日本人を見つけて居候させてもらう。

こんな生活続けてたらさすがに死んでしまう。

    

スラムから少し出て日本人探しを始める。

 

ここでおさらいしてほしい

 

自分がどこにいるのか。

 

 君の居場所はゲドーよ

 

そんな場所に果たして日本人はいるのか・・・

 

答えはもちろんNOだ (あたりまえだった)

 

とにかく聞き込みをする

ダンボールにジャパニーズ求むって書いたり

 

 ヒッチハイクかよ

 

けど試しても試しても

なんで韓国人にしかいない

 

スラムの場所に日本人がいる可能性なんてゼロ

それなのに何をやっているのか。

当時の自分は正常な判断ができなかった

 

このままじゃほんとにやばい。

 何か手はないか?(一休さん一休さん)

 

ピカッ!(ん?何かきたかも?)

 

人生のなかで一番の名案が生まれた瞬間だ

 

 スラム落ちして、どうしようスパエモーーン

 

 そんな時にはこれよ、スパ太くん

 

SNSをうまく利用する!!

 

とてもシンプルな方法だけどかなり役立つ

 

はじめは何気なく、友達の近況報告をチェックする。

 

いったい日本の友達は何をしているのだろう?

街で見つけたパソコンでFBを開くと

みんなの何気ない投稿をみると羨ましすぎて涙が出た

 

そのあとも何回かそのパソコンを使っていると

ふと思った。

 

SNSの検索機能で日本人を見つけることができるんじゃね??

 

天才すぎる、わい

 

 早速トライしてみる。

おおおお!!!!!

 

予想は的中!!

 

日本人が関連していそうなページを何件かみつけて

 

すぐに救済のメッセージを入れた。

 

そのときのメールがこちら。

(英文法がぐちゃぐちゃですがそこはお察しを。。)

I am Japanses and go to P University. I am a long and feeling like lonely.
I am looking for Japanese living in Pune except me if you are Japanese. 

Please Message me 

Help Me

 

 

哀愁が漂い過ぎてる。

 

 

直訳はこちら

わたしは日本人です。P大学に通っています。 
わたしは一人ぼっちでさびしいです。
 私以外の日本人を探しています。

 もしあなたが日本人ならメッセージをください。

たすけて

 

読んで見てわかるように

当時の僕は闇を纏っている。

 

次のアクションは決めていた。

 

土下座をしてでも居候させてもらう。

正式には命乞いして居候させてくれないかとお願いする。 

 

今考えればとても図々しいですが

 

それくらい追い込まれていた。

 

連絡をしてくれたのはインドで日本語を教えている先生だった。

 

先生は翌日に会えると言ってくれたので

 

インドで人生初の土下座の練習を道路で行う

 

そして、あんな展開になるなんて予想もしていなかった。。

 

f:id:mukimukiman666:20180723090817p:plain

スラム落ちしたことで、必死に日本人を探す。

だけど韓国人しか見つからない。

運良くパソコンを見つけて日本語の先生を見つけることに成功。

 

 よくここまで生き残った!

 

<ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

インドの青空のした、

居候するために土下座の練習をしていた。

 

なんとも今考えれば図々しい。

 確かに図々しいぞ!

 

だけどそれくらい追い込まれていた、わかってくれ。。。。

 

連絡をくれたのは

インドで日本語を教えている先生

 

明日は仕事がないから、

何か困っているのであれば手助けする連絡をくれた。

 

本当にありがとうございます(大号泣)

嗚咽を吐いて、泣きながらお礼を言った

 

その日は、ちょっとだけ眠れた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌日

土下座シミュレーションをしつつ、

またトゥクトゥクに500ルピーぼったくられて

待ち合わせの場所に到着。

 

この後の出会いが僕の人生を大きく変えた。

  

 何が起きた!!!

 

どうやったら先生の家に居候させてもらえるか?

どのタイミングで土下座をするか?

 

そんな思考をフル回転させていた。

 

日頃、5分前行動を心がけている。

だけど今日に至っては30分前行動だ。

(可愛い彼女との初デート並みの気合い)

 

待ち合わせ場所で待っていると

アジア系の女の子2人が隣にきた

 

もしかしたら先生がお友達を連れてきたの??

それとも先生も30分前行動してくれるくらい意識高いのかな?

 

しょうもないことを考えながら声をかけてみると

 

びっくらポン、

全然また韓国人だ。

 

アニョハセヨ(ぺこり)

 

韓国人だと思ったみたいでハングルで挨拶してきた。

 

向こうは日本人だと知ると、

流暢な英語に切り替えてきた。

 

なんだか日本のアニメやドラマが好きらしく

すぐに意気投合。

ほんとに人恋しかったので、何気ない日本の話でも泣けてきた。

 

数分会話をしていると

いまどこに住んでるの?と聞かれた。

 

まさか今から日本人がくるから土下座して

居候させてもらうんだ!!

 

なんて言えねーよ・・・

 

ちゃんと本来の理由を説明

実はとんでもない目にあってる。

スラム落ちして死にかけてると伝えると

神のようなお言葉がきた。

 

そんな大変ならさ、うち来なよ。今空いてるし

 

さっと言われたから、一回流してしまったものの

ん?え?ナンダッテ?もう一回プリーズ

 

いやだからうちの家きなってさ?

 

 

まじかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

あっけないけど、急に家が決まってしまった。

これで土下座の必要もない。

ほんとにありがとう。。。涙

 

彼らの住んでいる場所を入れてくれるだけじゃなくて

他の語学学校で勉強している日本人まで紹介してくれた。

 

そんな二人はふたりは天使のようだった。

 

そして付け足すように一言

 

うちさ韓国人寮だからさ、

日本人も変わらないじゃんだから住みなよ。

 

二人が紹介してくれたのは韓国人寮。 

 

通称ベターリビング

f:id:mukimukiman666:20180702000256j:plain

ベタリビはカントリーチックな建物の作りです。

 

なんだかんだ土下座をする必要がなくなり、

韓国人寮で、韓国人として入居することにしました。

ほらなんだかんだ、名前そうるだし、韓国の首都もソウルだしね・・

 

二人から連絡先をもらい、いったんそこでバイバイ

 

*先生はとても気さくにいろんな話を聞いてくれてとても優しかったです。

実は二人に会えたことが嬉しすぎて先生との出会いはすぐに終わった。

 

 

インド留学が一周まわって

韓国留学に変わっていくのだ。

 

f:id:mukimukiman666:20180727195749p:plain

前回までのあらすじ

人と違うことをしたい!そんな思いでインド留学を始める。

だかしかし、インド人に騙されてスラムにある学生寮に入れられてしまう。

必死の思いで日本人を探すものの難航

 

やっと見つけた日本人を見つけた!!よし土下座して居候させてもらおう!!

日本人の方を待っていると、

間違えて韓国人に声をかけてしまう。

いままでの現状を説明すると、『どう?うち来ない?』と誘われ向かった先は

 

韓国人寮!!!

新章開幕・インドで韓国留学はじめました!

日本語の先生にバイバイを言った後、

早速、韓国人寮に移動した。 

すいません〜〜〜誰かいませんか〜〜〜〜と尋ねるとインド人のオーナーが出てくる。

 

どうかここに住まわせてください。(心の中で念仏のように唱える) 
ここに住めなかったら本気でやばい。
もうあそこには帰りたくない。ここが最後の砦だ・・

 

本気で交渉に移る。

ーーー今までの詳細を説明ーーーーーー 

ここまで色々あったなーー 

  

これまでいた寮の話をすると、

オーナーからとんでもない一言

 

君。。それうちの街でいちばんヤバい寮だよ。

あそこにだけは誰も住まないよ

 

えっと。。ん?(あれ。俺英語の聞き間違えかな)

 

外国人なのになんでそんな場所にいたの?

インド人でもあそこのエリアに行くのは危険よ。

 

 ふつふつ怒りが込み上げてきた。

(あんなところにぶちこみやがって。。)

 

奴らは、何もわからないことを良いことに

ピチピチの19歳をノリで入れやがった。。。。。 

 

治安が悪くて誰も入んないから

入れられたのだとオーナーに言われた。

 

 ひどすぎぃ・・

 

数秒のショックをよそに、

オーナーに部屋が空いているか聞いてみた。

 

今は学期が終わって生徒が入れ替わりの時期だから部屋の空きがあるよ!

 

いつ入る?明日からとか?

 

答えはもちろん即答。

 

はい!入ります!

もちろん今から

 

おっ、おっけい・・・じゃあ部屋の鍵を渡すからね。

 

部屋も見ることなく即決で契約を済ませた。

 

ついに、ついに、

スラム脱出!!!!!

 

ここまで約10日

死ぬ思いでここまでやってきた。

思い出すと涙が出てくる。

(今でも思い出すとポロリと涙がでる)

 

荷物は明日運ぶ、とにかく今日はここに泊まろう

 

 

1ヶ月の家賃は約2万円で入居決定

 

これで水の冷たいシャワーを浴びずにすむ。

ネズミに襲われない。

手洗いでパンツを洗わなくてすむ。あとジーパンも

 

 

この寮に出会ってなかったら僕の人生は大きく変わっていた。。

多分どこかで限界がきて死んでいただろう。

 

 

ついにインドで初めてのリラックス。

  

当時はろくに飲まず食わずで日本人を探していた、精神的にも病んでいた。

 

限界はとっくに超えていました。

 

その後どうなったか

 

。。。

 

栄養失調だった

 

次の日起きると41、3度という高熱に襲われた。

 

よくよく考えたら10日も飯を食べてない状態

毎日のように襲ってくる精神的疲労を考えたらしょうがない。

 

安らぎを得ることで、気持ちいい睡眠とは真逆

 

バタッと気を失なった・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インド時代で学んだ鉄の三箇条

インドで暮らす学生には、はじめにクリアしないといけない関門がある。

  1.  水であたる。
  2.  精神的にどん底まで落ちる
  3.  栄養失調になって倒れる

 

この3つをクリアしないのは危険。

インドに住んでる学生は大きな病気や精神的にやられてしまって

痛い目に会う学生が多い(個人的な意見)

 

 

前回の投稿で韓国人寮に住むことになった

この段階でクリアしているのは1と2番だけ

 

 

インドの水ってどうなの?

やっぱりインドの水は日本よりは安全じゃないです。

 インド留学の後半ではガブガブ水道水を飲んでいましたが

今度行くときに飲んだら

100%でお腹がやられちゃう。

 

普段ならミネラルウォーターを買う。

けど、歯を磨く時やシャワーの水を使っているとやっぱり飲んじゃう。

そして、軽い腹痛が起きる。

繰り返しを続けていくとお腹もインドクオリティになっていくみたいだ。

 

 この3つのどれになっても、きちぃ

けどインドマスターになるには通らないといけない関門

 

みなさんもインドに行く際にはこの3つを心がけてください。

  

こうやってインドで生き残るための3つの条件をクリア 

 だけど今考えておくと、あの時の経験があるから

生命力たっぷりで生きていける。

みんなからゴキブリ並みの生命力と言われる由縁だと思っている。

 

水を克服

精神的にもやられ

栄養失調で倒れる

 

チェックリストのようにクリアしていったのでした。

 

インドにいるのに30人も韓国人が住んでいる寮に入居

 

インド留学ならぬ韓国留学が始まった