罰ゲーム留学

スパイシーな刺激をあなたにお届け

【過去ブログ紹介】3年前のインド留学ブログを紹介します!Ver15

どうもひらつかそうるでっす!

16日から昔インドにいた街に戻ります。たぶん1週間ぐらいですが。。

昔の友達にあったり、うわ懐かしいみたいなアハ体験をしたいです。

もちろん韓国人寮にステイするつもりです!!

そんなわけで罰ゲーム留学スタートです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

立川さんが日本に帰る。

急な報告で驚いたが、まあ何か事情があるんだろう。

これまで変なことを言われてきたけど

今までのことは水に流そう。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その日の夜・

トントン(ノックの音)ドア越しから立川さんがいるのがわかる。

立川さんどうしたんですか??

立川さん「。。。。実は飛行機のチケットを取って欲しいんですよ」

ほい、クレジットカードを渡された。

 

急にクレカを渡されて立川さんは去って行った。

今日中に帰りたいって言ってたから、しょうがない取ってあげるか・

カチカチカチ。(飛行機のチケットを調べる)

 

だけど、お金のことだから、決済のところは自分でしてもらおう。

そう思って電話して呼び出した。

立川さんは、飛行機のチケットの値段も見ずにパパっと決済を済ませていた。

いいんかな、これで?そんな疑問を覚えながらも

 

今までありがとうございました。

何かまたあったら連絡ください。

控えめなお別れの挨拶をした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1日後

 

6am

このころの自分は朝一でチャイを飲みに行くのが日課になっていた。

このルーチンを崩したくない。

寝ぼけながら寮の外にでることに。

・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・

「ぎゃあああああああぁぁぁぁぁ」

思わず叫んでしまった。

日本に帰ったはずの立川さんが朝6時の薄暗い外で体育座りしていた。

 

そんなまだ日の出てない早朝に真っ白い女性が立っていたら誰でも驚く。

 

立川さんどうしたんすか?大丈夫ですか?

 

立川さん「りえqjうぃあいgなhdしcじゃ」

わい「???」

 

ひとまず何言ってるかよくわかんなかったから、うんうんと頷いておいた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんとなく理由はわかっていた。

 

RP(外国人登録)のせいだ。

立川さんはRPを取っていない。だから多分帰国できなかったのだ。

 

彼女の使っている留学エージェントに連絡していた。

立川さんのローカルガイドさん曰く

なんとか即日でRPを取れるらしい。特例らしいが・・

 

大変だなと思いつつ

問題の夜は起こった。

ーーーーーーーーーーーー

ぶーぶー(携帯がなる)

立川さんだ。どうした。

電話を取るとまた飛行機のチケットを取って欲しいと連絡があった。

 

しゃーなしでまた飛行機のチケットを取ることになった。

もちろんまたクレカを渡された。

 

わい「あ、立川さんお疲れ様です。飛行機の件なんですけどお金のことが関与したくないのでまた下まで降りてきてクレカの番号打ち込んでください」

 

コンコン

扉を開けた。

扉を開けた瞬間。

理解ができなかった。

 

 

今までにおきたインド出来事の中で

一番恐ろしくて、

いまだに理解できなくて、

ひとの人知を超えたことが起きた。

 

何が起きたと思う?

それは明日のお楽しみってことで。

もしも当てることができたら100万あげたい。

そんな出来事がおきてしまった。