罰ゲーム留学

スパイシーな刺激をあなたにお届け

【過去ブログ紹介】3年前のインド留学ブログを紹介します!Ver14

罰ゲーム留学第14話

大学で友達ができてきた。

インド人の友達や、カンボジア、タイ、韓国人の友達ができた。

ある程度のコミニティーができてきた。

 

家に帰ると立川さんがいた。

挨拶をすませる。最近、カレッジの生活はどうかと尋ねてみる。

返答はぼちぼちだった。

わいはできるだけ家は家、カレッジはカレッジにしたい

カレッジではあんまり日本人と絡みたくはなかった。

わい「やっぱり留学にきてるので大学では日本人とは関わらないスタンスでいきたんですよね」

立川さん「・・・・・」

 

立川さんはその返答後に去って行った。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の日に、カレッジ内を歩いていると

その大学に通う日本人の男の子が慌てて声をかけてきた。

「やばいよ!おまえ!立川さんになにしたんだよ!」

わい「。。。。へっ?」

「おれインド留学のエージェント立川さんと一緒なんだけどお前のこと追い出せって社長にクレーム来てるらしいんだよ。」

わい「・・・・・・・へっ?」

 

なんと立川さんはクレームを入れていた。

何を気に障ったのかは知らないけど、

立川さんを俺のことを追い出そうとしてる

まてまてここは俺のオアシスだぞ。

追い出されてどうする?

またきつい生活に逆戻りか。そんなの絶対にいやだ。

そもそもなぜに俺を追い出そうとしてるのか?

全く理解できなかった。

 

ひとまず立川さんと話そう。

立川さんを呼び出した。

わい「立川さんどうゆうことですか?俺のこと追い出してくれって言ってるって聞きました」

立川さん「・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

「あなた私のこと潰そうとしてるでしょ心の声が聞こえる」

。。。。

「ん???どゆことよ、潰すって?」

 

そう言って出ていってしまった。

 

立川さんはなんかもしかしたら。。。。

ちょっとユニークなひとだ

(100%オブラートに包んでユニーク)

そして何か変だ・・

いつも私24歳ですからアピールをしてくる。

だけど、パスポートを偶然のぞいてしまった時に

31歳。なぜに鯖を読んでいる?

 

そして不可解なことはもうひとつ。

なぜか処女アピールをずっとしてくる。

何気ない会話の最後の句読点まる

今日はいい天気だった。まる←この小さい丸。

文章を終わらせる時につける。

あやかさんの場合はこうだ。

今日はいい天気だった。私処女ですけど。

語尾がおかしい。

 

それから数日は全く会うことはなかった。

 

そしたら連絡があった。

 

立川さんあした日本かえるってよ

 

これが恐怖の夜になるなんて知る由もなかった。

つづく