スパイシースパイシー

スパイシーな刺激をあなたにお届け

【過去ブログ紹介】3年前のインド留学ブログを紹介します!Ver11

どうもひらつかそうるでっす!

今は途中で飽きてしまって書くのをやめた罰ゲーム留学を完結させるために

がんばっています!!

まだまだ記事のストックもありますが時間軸をはっきりと合わせたい!

その方がリアリティが増すと思って新作出します!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

学校が始まり、

なんだかんだインドの生活も1ヶ月をすぎた。

 

ある日、大学に行こうとすると

急にオーナーに引き止められた。

 

どうしたどうした??

 

「3日後にうちの寮に日本人が住むよ!」

「しかも3人もくるから!これで寂しくないね!」

 

あれここって韓国人専用じゃなかったの?

疑問があったが、

やっぱり日本人が同じ寮に住んでれるのは嬉しい。

 

めちゃくちゃ飛び跳ねて喜んだ

 

この寮を紹介してくれた韓国人の2人も、

新しい日本人がくるから寂しくないよね!と優しい言葉をかけてくれた。

 

なんて幸せな気分なんだろう。 

 

ウキウキ気分で学校に行った。

そりゃもう最高に嬉しかった。

 

。。。。。。

。。。。。

。。。。。

。。。

あの時は。。。

まだあんな目に会うなんて

知るよりもなかった。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あたらしい日本人が到着する日

 

新しく入居する人に早く会いたい!!!

そんな思いで、小走りをしながら家に帰る。

 

もうすでに来ていた

しかも女性だった。

 

女性でインドに来るなんて物好きなのか?

 

自己紹介がてらに部屋に行ってみる。

 

トントン

 

扉を開けて出て来たのは、細身の女性だった。

 

本名はここでは控えて、

ここでは仮に立川さんする。

(むかし立川に住んだから)

 

わい「初めまして、立川さん。これからよろしくお願いします。」

 

「この寮には1ヶ月前くらいから住んでいるので何かあったら言ってください。」

 

わいのコミ力もインドに来てから高くなったもんだ。。

 

立川さんは身の回りの生活用品を揃えるためにスーパーに行きたいらしい。

 

一緒に歩いて行くことにした。

 

パパッと買い物を終えて、インドカレーを食べて帰って来た。

 

そのあと、久しぶりの日本語での会話だったのでテンション上がった。

時間もあったから、ロビーで少し会話することに。

 

会話から得られる立川さんの情報はこんな感じ

 

立川さんのステータス

  • 当時24歳
  • イギリスに留学していたらしい
  • 日本のインド留学会社を使っていた
  • ガンジーに憧れてインドに来た。

 

会話の中で拾えた情報はざっとこんな感じだ。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

疑問に思い始めたのは、ここからだった。

 

会話のキャッチボールが微妙にずれる

 

わい久々の日本語だからおかしいのかな?

いやそんなはずもない。

けどなんか、会話がうまくいかない。

 

そしてトンデモない爆弾を落とされた。

 

流れで恋愛の話に突入。

 

わいは「ぼくの彼女、いま日本にいるんですけど、彼女のためにも頑張りたいんですよね」

 

何気ない会話のはずだった。

だけど

このあとの会話の空気が地獄だった

 

立川さんの一言は強烈だった。

「えーそうなんだ。けどね。。その彼女はもう他の男とヤッてるから、君は諦めて風俗にでも行きな」

 

わい「。。。。。。へっ?」

(なんか急にぶっこんで来たこの人)

 

心の声(やっぱりインドに来るくらいの人だから癖のあるのか、いやいやいやいや、けどそんな初対面で話して、風俗行けって言われるなんてな。おかしいよな。おかしいよね?この次なんて返そう。。)

 

わい「は・・・そうですね・・・」

心の声(いや負けてどうすんねん!いやけどそんな急にこんなこと言われて対応できる奴なんていないて、)

 

立川さん「ほらやっぱり、遠距離なんて絶対他の男とヤってるよ」

 

19歳にそんなこと言わねーでくれよ

グッとこらえよ。ここは

いったんお開きにしよう。

平常心に戻ろう。

明日も学校だから。何も聞かなかったことにして、部屋に戻ろう。

 

何者なのか・・・

立川さんは。

 

なんか変わった人が加わった。

 

一難去って、また一難、こうやってインド生活は続いていくのであった。