罰ゲーム留学

ときにまったり、ときにクレイジーに

筋トレ友達「カタボるから早くごはん行こう!!」俺氏「は???」

f:id:mukimukiman666:20180219081608j:plain

いまカタぼってる。やばい」

 

カタぼってる?? 肩ぼってる? 肩凝ってる?

 

カタボるってなんや???

 

 

みなさんはこのカタボるって言葉を日常で聞いたことはありますか?

 

今日は筋トレ用語のカタボるについて 説明していきたいと思います!

 

 

このカタボるというワード

筋トレを始めるまでは全然きいたことがありませんでした。

 

この言葉を聞いたきっかけは筋トレしている友達との会話のなかで

 

筋トレ友達「あー俺いまカタぼってるわ!はやく飯行こうやばいやばい」

俺「????は??」

 

いきなりカタボるなんて言われても全然わかりませんよね。

今日は筋肉を作るために知っておいてほしい

 

カタボる

正式名称 カタボリズム

解説していきたいと思います!

 

カタボリズムってなに?? 

 

f:id:mukimukiman666:20180219092618j:plain

 

簡単に説明すると

 

身体に栄養が足りていない状態で筋肉や細胞などをエネルギーとして分解してしまうことをカタボると言います。

 

 

せっかく筋トレを頑張っているのに筋肉がエネルギーとして分解されるって嫌ですよね。

 

具体的にどのタイミングでカタボリズムが起きるか?

筋肉が分解されて他のエネルギーに分解されるタイミングは

 

ズバリ! 空腹時・お腹が減っている時です

 

だから空腹が続くと筋肉量が減っていくので気をつけてください!!

 

 

カタボリックの本来の意味ってなに?

f:id:mukimukiman666:20180219085042j:plain

 

 

 

カタボリック・英語での表記はCatabolic

 

意味は異化・分解作用という意味になります。

 

筋肉が分解されるのか?という疑問が残るかもしれませんが

 

カタボリズムが起きることによって筋肉がアミノ酸に変化してしまうことを言います!

 

 

 逆にカタボるの反対のアナボる?って

分解作用のあるカタボるという言葉があるのであれば

 

反対の意味のアナボる(同化)という言葉もあります。

 

正式名称アナボリック

 

体内に栄養が満たされている状態で筋肉や細胞・骨などが作られている状態のことを言います。

 

 

 

赤ちゃんは常にアナぼってる?

f:id:mukimukiman666:20180219090226j:plain

赤ちゃんって1日に何回もお母さんから母乳をもらっていますよね。

3時間に一回起きに授乳されているおかげでアナボることができます。

 

赤ちゃんの成長が早いのは常にアナボリズムによって体を成長させようとしているからです。

 

 

カタボリズムを防ぐにはどうしたらいいか?

筋トレをする工程ではいかにカタボリズムを防いで筋肉を大きくするかが

大事になってきますよね。

 

じゃあどうすればいいか? 

 

簡単にいうと

 

空腹時を避ける

 

空腹は身体に栄養が足りていないサインなので逆に考えれば

空腹じゃなければいいだけの話。

 

身体に栄養を与えていればいいだけなのでこまめな食事を心がけるのが大切になります。 

 

ちなみにこのブログで取り扱っている脂質制限・除脂肪メソッドでは

常に2時間から3時間おきに食事することを心がけています。

 

以前こちらの記事で紹介しているのでぜひ参考までに

 

www.mukimukiman66.com

 

 

カタボリズムを防げるBCAAとは?

カタボると筋肉がアミノ酸に変化してしまうって話はしましたよね。

 

筋肉を落としたく場合はBCAAを摂取するのも効果的って知っていましたか?

 

BCAAとは

筋肉が変化してできるアミノ酸をサプリで摂取して筋肉分解を防ぐサプリメントです!

 

トレーニングの前に摂取したりウエイトトレーニング中のスポーツドリンクとして利用するのがとても効果的になります!

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kentai(ケンタイ) BCAA5000パウダー 345g
価格:4748円(税込、送料無料) (2018/2/20時点)


 

 

どうでしたか?カタボリズム・アナボリズムって筋肉をつけたい人にとってすごい重要なことなんですよね。

 

いかにカタぼらないでアナボれるか

みなさんも常にアナボる食生活を目指していきましょー!